2011年11月20日

ライド イン なると(レース編)


出走に先立っての開会式ですが、手短なものでした。
20111120082703.jpg

写真の奥から壇上の奥から2番目の青の上下のトレーナーを着ている方が鳴門市の市長さんなんですが、開会式のあいさつで今回のイベントの参加者500名で約8500万円の経済効果を見積もっているとのことですが、いったいどんな計算したらそんな数字になるねんexclamation×2って脳内つっこみを入れながらもスタートに向けて徐々に集中力を高めていきます。


ここで、大会実行委員会がyou tubeにコースの見所をアップしてくれているのでこちらも併せてご覧下さい。



実際、スタート直後から延々強い向かい風に悩まされエイドステーションの大麻比古神社についた時点でかなり体力を消耗してました。


まだ、この時点では携帯で写真を撮ろうなんていう気力が残ってまして
20111120104316.jpg

これが、レース中撮影した唯一の写真です。



このエイドステーションでの小休止のあとは、激坂・卯辰越があり、鳴門市北東部の海岸線を瀬戸内海を見ながら走り鳴門スカイラインの登りとまだまだ自転車を漕がないといけないのですが・・・・・・。


疲れ果てて写真を撮るどころではなかったですね・・・・・ふらふら


7月の『四国の右下 ロードライド』は炎天下の中を直射日光とアスファルトの照り返しの灼熱地獄でしたが、今回は向かい風との戦いとなった風地獄でしたもうやだ〜(悲しい顔)





卯辰超を含め都合3箇所の激坂区間があったのですが、やはりというか今回も地獄絵図が展開されてましたね・・・・・。


いったん地面に足をつけてしまうと最後、坂の頂上まで自転車を押すことになってしまいますから・・・・・。


僕は何とか足をつくことなく3箇所とも登りきることが出来ましたが、一番最後の登りの途中に左のももの筋肉とふくらはぎが軽い痙攣をおこしてました曇り


結局、65キロを3時間10分ほどで完走しました。



ということは平均時速は20キロほど・・・・・。



距離が119キロと長く夏の暑い盛りに行われた『四国の右下 ロードライド』のときは平均26キロ近く出てたのでやはり入院によるブランクの他にも向かい風の影響があったのだと思います。


posted by 肥満ランナー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | リザルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236174905

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。